ぐちをのひとり言 お出かけ編

guchiwo.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 <   2010年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧 semスキン用のアイコン02

  

semスキン用のアイコン01 「貧乏神」 semスキン用のアイコン02

  

2010年 11月 28日

d0045977_252198.jpgてな訳で、うんうんうなりながらなんとか枕を考えて披露してまいりました。

まぁ、受けた…よね?

落語の出来も満足…、かなぁ。
お仲間には「稽古と全然違うやないかい!」とさんざつっこまれましたが…まぁ本番中により良いアイデアが降りてくるのはいつものことよね♪

「幽霊の辻」に続いての枝雀落語「貧乏神」…前回のリベンジは出来たかなぁ…。

うん。出来た!

満足!

よし!次や次!!
[PR]

by guchiwo_0317 | 2010-11-28 02:07 | お芝居な日々

semスキン用のアイコン01 もう明日かぁ。 semスキン用のアイコン02

  

2010年 11月 26日

d0045977_22152125.jpg明日は焼酎亭落語会。

なのにまだ枕のまの字も決まってない…。

こいつは困ったね、と言いながら、朝からウクレレ弾きまくり…。

こいつは困ったねぇ。


いやぁ、ウクレレ楽しすぎ。
今回のお囃子には間に合わないかもだけど、南風さんの出囃子「アトム」はなんとなく弾けるようになってきた気がしなくもない。
まだまだたどたどしいけれど。
あぁ。早く上手くなりたいわぁ。

御茶ノ水でウクレレ用のソフトケースを買って、ピンバッチにキーホルダーで飾り付けて、すっこり自分の物気分やけど、中は借り物なのよねぇ。

貸して下さった景虎さんに感謝しつつ、…そろそろ枕考えるか…。

なぁんか面白い枕ないかのぉ…。
[PR]

by guchiwo_0317 | 2010-11-26 22:25 | お芝居な日々

semスキン用のアイコン01 およばれカレー。 semスキン用のアイコン02

  

2010年 11月 22日

d0045977_231566.jpg昨日はカシス姉さんと景虎さん家でお囃子の稽古…。
といいつつ、およそ音楽的素養の持ち合わせのない私はお二人が合わせているのを「ほぉ」とか「へぇ」とか言いながら見ているだけ。
「今のヴァージョンと前のとどっちが良かったですか?」って聞かれても…どっちも良いと思いますぅぅぅぅ。

おおむね役立たず。

とにかく、回を追う事にお囃子が贅沢になっていってる東の部。
そこらへんも要チェックなのです。


で、稽古終わりは景虎さんお手製カリーを飽食です。

ウマカリー。

これはかなりのウマカリーでした。

「もうこれからはちょくちょく景虎さん家で稽古しようか」とカシス姉さんと話しながら家路についたのであります。
[PR]

by guchiwo_0317 | 2010-11-22 23:04 | お芝居な日々

semスキン用のアイコン01 独りでもやらないとね。 semスキン用のアイコン02

  

2010年 11月 13日

今日も今日とて落語の稽古…。

ど~にも。

幸せそうな人物が出来ない精神状態。



良くないなぁ。



せっかくカシス姉さんにも色々アイデアいただいて、面白くなりそうなのになぁ…。


アイデアはあってもやれない。てか集中が切れる。



ぬるいなぁ…。




研ぎ澄まさないと。

切っ先に立ちながら、その上で弛緩出来るようでないと。

日本刀の様な鋭さと粘りをもたないと。



まだまだなまくらにはならないよ。なれないよ。
[PR]

by guchiwo_0317 | 2010-11-13 23:38 | お芝居な日々

semスキン用のアイコン01 「冬の落語会」とか「夏への扉」とか。 semスキン用のアイコン02

  

2010年 11月 04日

またまたまた落語会。

今度も経堂だけど、場所はちょっとちがうとこ。

出版社兼本屋兼CafeときどきイベントBarというなにやら素敵なにおいのぷんぷんする所。

楽しみ。


焼酎亭東の部(役者による落語会)

日時■11月27日(土)19:00~

会場■笑和堂-経堂発、出版社兼本屋兼CafeときどきイベントBar 世田谷区経堂2-6-1 アームス経堂2F 03-6413-9382

料金■500円(+要ワンドリンクオーダー)

出演■焼酎亭呑兵衛(大宮将司)、南風(真延心得)、さかな(山口敦司)、カシス(年清由香)、他

問い合わせ■焼酎亭 rakugogirl@gmail.com http://shochutei.seesaa.net/


今更ながら、ハインラインの「夏への扉」読了。

まぁ芝居の元ネタだったりして、前々から気にはなっていたんだけど。

ポン酒さんのお芝居観に行ったら劇中に「また夏への扉を探すのね~」的な台詞があって、「聞いたことあるなぁ~」とか思っていたら、
知人に勧められた本の中に「夏への扉」が引用されていたり、たまたま覗いた見も知らない人のブログに「夏への扉」のことが載ってたり…。

地元の本屋に置いてあるのは知ってたけれど、出かけた先の小さな駅ビルの中に、これまた小さな本屋があって…、ここにも置いてあったら買ってやろう…。

そういう出会い。

「世のすべての猫好きに この本を捧げる」

未読の猫好き(あとSF好きも)はぜひご覧あれ。
[PR]

by guchiwo_0317 | 2010-11-04 19:51 | お芝居な日々